子育てで自立させる方法とコツを
7人の子供のパパが教える!

自転車操業からの復活

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

仕事と家庭円満プロデューサー

西村博です

 

 

先日の7月3日で

45歳になりました~わーい (嬉しい顔)

 

 

 

今から

20年前の25歳で実家の

自動車屋を継ぐようになった

 

 

それまでは

自動車ディーラーで

5年間にわたり営業や整備士を

みっちりと叩き込まれて自信もつき

ワクワクしながら実家へもどった

 

 

 

家を継いだと言っても

小さい自動車で社員さんも

昔から知ってるおじさんww

 

 

45~55歳という

当時は私と20歳以上の歳の差があった

 

 

社長の父親と

親戚のおじさん

社員さんが2人と私の5人

 

 

ディーラーという

組織で育った私には

 

 

実家に帰ってからは正直

「よくこんな対応でいけるもんやな冷や汗 (顔)」と思った

 

 

でも

身内感みたいな感じで

お客様とも距離間も近く

お客様もすべて任せてくれてた

 

 

私が

西村自動車に入社して

一番ビックリしたのが

オイル交換をしても修理をしても

車検をしても、すべてツケだったあせあせ (飛び散る汗)

 

 

当時は

4000万の借金もありながら

しかも、この借金はおじいちゃんが

ある建築会社の連帯保証人になっていて

そこが倒産した借金泣き顔

 

 

このときは

めっちゃじいちゃんと

ケンカしまくったぷっくっくな顔むかっ (怒り)

 

 

 

さらに毎月15日と末には

父親が集金の鬼になって

ギリギリ支払いをしてたんよね

 

 

自転車操業ってやつね!!

 

 

まさか自分の家が

そんな状態とは当時は知らずに

入社したことに後悔というか

ディーラーにいたほうが良かったと思ったww

 

 

こんな状況で

全く変わろうとしない父や社員(おじさんたち)に

怒りがこみあげて毎日父親とはケンカぷっくっくな顔パンチむかっ (怒り)

 

 

当然

家庭に帰っても

妻や子どもたちに

父親や会社のグチの連発

 

 

そして

私が入社して2年目の夏に

「このままではいかん!」と思い

その日の朝に父親に「社長変わってちっ (怒った顔)」と言った

 

 

父親は

今のままでいいだろ!実際、お前が指揮をとってるから!

と言われたが

 

 

私は

ダメ!俺が社長する!!

と言って強制的に変わってもらった

 

 

 

が、

 

 

 

が、

 

 

ここからが地獄の始まり・・・

 

 

社長になったのはいいが

一体何をすればいいのか???

 

 

とにかく

お客様に満足してもらうために

 

 

社内改革を

始めたんだけど

 

 

そもそも

お金がないから

投資もできんし人材育成もできん状態あせあせ (飛び散る汗)

 

 

さらに

20歳も離れている私から

指示命令されるのが嫌だったのか

 

 

1年もしないうちに

「ついていけない」と全員辞めていったもうやだ〜 (悲しい顔)バッド (下向き矢印)

 

 

私の中では

絶対に譲れないところだったので

残念だったが仕方ないと思ったんよね

 

 

それからすぐに私の価値観に

共有してくれる社員さんを募集して

今も一緒に働いてくれてる3人が集まった

 

 

 

とにかく

一生懸命頑張れば

「少しずつ借金も返せるはずだ!」と思い

 

 

すると

借金が少しずつ減るどころか

少しずつ、、、毎月10~20万ずつ

 

 

返せそうで

返せない額が積み重なり

一年間で200万円以上積み重なった泣き顔

 

 

全国の社長さんも

500~1000万円

返せそうで返せない借金で

自殺する人がい多いのも痛いほどよくわかる

 

 

私も必死に

頑張っても頑張っても

微増に増える借金に

精神的にも耐えれなくなり

 

 

家族や社員にも相談もできず

冬の海へ飛び込んだのを今でも鮮明に覚えてる

本当に死にたい人は海には飛び込まんらしい冷や汗 (顔)

 

 

でも

昔から水泳は

めちゃくちゃ得意だったの冷や汗 (顔)

 

 

 

飛び込んだ瞬間

一気に死の恐怖にかられ

 

 

怖くて

あっという間に

泳いで岸までたどり着いた・・・

ほんの15秒ぐらい冷や汗 (顔)

 

 

 

無意識に保守的な

自分にも情けなくてね~

 

 

散々泣いたら

逆にスッキリして

もう一回やってみようと思ったの!

 

 

それから

会社で社員さんに

今の現状を素直に話をした

「一人ではどうしようもない、助けてほしい」と

初めて社員さんに弱みを見せたのがこのときだった

 

 

社員さんからは

「私たちも気づかずにすいません。一緒にやりましょう」と

あたたかい声をかけてもらえたのが本当にうれしかった泣き顔

もっとはやく言っとけばよかった泣き顔

 

 

 

それからは

二度とこんな思いはしたくないし

家族や社員さんにもさせたくなかったら

 

 

講演や研修

セミナーを通して

 

 

社長さんと

社員さんとのギャップをなくすのは

もちろんのこと

 

 

職場や家庭の悩みまでも

「ほめて」解決できるのが

私の一番の強みdouble exclamation

 

 

そして

ほめる仕組みを作ることで

もう一度、くすぶっている火を熱く燃やして

人と組織のミライを想像する商売繁盛請負人になるぴかぴか (新しい)

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

ニックネーム 仕事と家庭円満プロデューサー
住所 〒779-4701
徳島県三好郡東みよし町加茂1869−11
(有)西村自動車HP https://www.nishimura-jidousha.com
ペットの旅立ち https://pet-tabi.jp/

コメントを残す

仕事と家庭円満プロデューサー

名前 西村 博
職業 自動車販売
住まい 徳島県

Profile

日本初7人の子どもをほめ育中
”ほめる”とは、「人」「モノ」「起こった出来事」の 価値を発見して伝えることです。
つまり、誰かの価値を発見して誰かを「ほめる」ということは、 相手を輝かせるばかりか、ほめている自分自身も輝かせるのです。

カテゴリー

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss