子育てで自立させる方法とコツを
7人の子供のパパが教える!

同じものを見ても捉え方が違う

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

仕事と家庭円満プロデューサー

西村博ですわーい (嬉しい顔)

 

 

 

昨日は

7人の子どものうちの

5番目の中学校2年生の

暁月がご飯も食べずに

めっちゃ落ち込んでいたもうやだ〜 (悲しい顔)バッド (下向き矢印)

 

 

普段は悩みがあると

子どもの方から

相談に来てくれるんだけど

 

 

今回は

相当落ち込んでいる感じだったから

私から話をきいてみた

 

 

どうやら視力が右0.7、左0.6

悪くなったのがショックだったみたいね冷や汗 (顔)

 

で、

 

 

個人的には

ホッとしたんだけど

 

 

暁月にしてみれば

授業中に黒板の字が

うっすらと見えなくなったのが

ショックだった

 

 

私も

高校1年生から

視力が悪くなって

両目とも0.1だったんよね

 

 

そのときは

目が悪くなる感覚があったけど

憧れのメガネをかけれることに

テンションがMAXだったんよね

 

 

でも

この自分の経験のもと

子どもに「気にするな」とか

アドバイスすると

 

 

 

「父ちゃんは俺のことをわかってない」と

思うだろうね

 

 

今後

何か悩みがあっても

私には相談にこなくなってしまうあせあせ (飛び散る汗)

 

 

相手の

心情をくみとれない

たった一度のことが”きっかけ”で

 

 

自分の知らないところで

人間関係にも溝が入るから気をつけようほっとした顔

 

 

人それぞれ

性格が違うし

同じ体験をしたとしても

捉え方が違うことを

知っておかないといけない

 

 

だから

親の体験なんて

子どもには関係ないってことね

 

 

子どもが

何を経験したかが大事で

 

 

何を感じているのか

どうしたいのかを聴くこと!

 

 

親が

決めるんではなくて

自分で決めることを

積み重ねていくと

自立心が生まれてくるぴかぴか (新しい)

 

 

ここで大事なことが

聴く力ね!

 

 

よくありがちなのが

すぐに「こうすればいい」など

親の経験測のもと答えを言ってしまうことね

 

 

だから昨日も

目が悪くなったというから

「で、暁月はどうしたいの?」

 

 

暁月

「メガネは嫌!」

 

 

「何が嫌なの?」

 

 

暁月

「カッコわるい」

 

 

「わかるわ~・・・で、どうしたいの?」

 

 

暁月

「コンタクトがいい」

 

 

「コンタクトいいね、そうすれば!」

 

 

 

こんな感じで

私はひたすら質問と共感だけ

 

 

このあとメガネ=嫌というのを

払拭したかったので

一緒にパソコンでメガネを色々見てみてみた

 

 

暁月曰く

右斜め下メガネのイメージが瓶底だったww

幼少期にドリフを観せすぎたせいかな???

 

 

 

右斜め下ケントデリカットさん懐かしいww

黒縁メガネ=ダサいというイメージがあった

 

 

それで

今のメガネ男子を見せると

 

 

 

 

暁月「へ~いいな!」

 

 

昔の

メガネのイメージを

塗り替えることで

新しいポジティブなイメージに変える

 

 

メガネというものを

いろんな角度で見ることによって

「メガネ意外とカッコいいよな」

「スゴく機能性がいい」などと

 

 

今まで見えなかったものや

価値が見えるようになってくる

 

 

家庭で

7人の子どもとのコミュニケーションが

そのまま職場にもでてくるんよね

 

 

 

夫婦関係や親子関係が悪いと

職場でも、その日常のコミュニケーションが

ありありとでてしまうんよね考えてる顔

 

 

まずは

身近な家族との関係をよくする

そして妻や子どもたちの

関心ごとに関心をもつことが大切なんよね

 

 

「家庭」という土台が

しっかりしてないと

その土台の上にある「仕事」もうまくいかない

 

 

仕事がうまくいかない人って

一番身近な家族を大切にしてないから

家庭もボロボロで仕事もボロボロな人が多い

 

 

とは言え

私も17年前は家庭も

仕事もボロボロだったんだけどね

 

 

そこで気づけたからこそ

今の幸せな家庭もあるし職場でもあるよね

 

 

そうなるために

何をしたかというと

7つの聴き力なんですよ

 

 

これを

明日お話しします

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

ニックネーム 仕事と家庭円満プロデューサー
住所 〒779-4701
徳島県三好郡東みよし町加茂1869−11
(有)西村自動車HP https://www.nishimura-jidousha.com
ペットの旅立ち https://pet-tabi.jp/

コメントを残す

仕事と家庭円満プロデューサー

名前 西村 博
職業 自動車販売
住まい 徳島県

Profile

日本初7人の子どもをほめ育中
”ほめる”とは、「人」「モノ」「起こった出来事」の 価値を発見して伝えることです。
つまり、誰かの価値を発見して誰かを「ほめる」ということは、 相手を輝かせるばかりか、ほめている自分自身も輝かせるのです。

カテゴリー

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss