もう人間関係で悩まない!
ほめる人材育成でやる気を引き出すセブンメソッド!

違う、違う!そうじゃない!!

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

ほめる達人

仕事と家庭円満プロデューサー

西村 博ですわーい (嬉しい顔)

 

 

昨日で

四国放送ゴジカル!

水曜日レギュラーになって

丸一年がたちました~パチパチパチパチぴかぴか (新しい)

 

 

一年前のゴジカル!

レギュラーとして初登場ぴかぴか (新しい)

 

 

 

私の母親や妻

子どもたちや職場のスタッフさんが

ゴジカル!お疲れ様でした~

よく頑張ったね!

とねぎらいの言葉をかけてくれたグッド (上向き矢印)

 

 

 

応援してくれるって

ホント有難いほっとした顔

 

 

 

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

 

で、

 

 

母親から

なんで昨日もTVに出てたん?エイプリルフールやけん?
と質問されたたらーっ (汗)

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

西村博

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

続投です!!

 

 

 

というわけで

 

 

 

ゴジカル!
2年目も全力で頑張りますうれしい顔指でOK

 

 

 

一年前は

台本が手汗でにじむぐらい

ど緊張してたのが懐かしいうれしい顔

 

 

 

コメントもカミカミで
これは今もたまに噛んでるww

 

 

 

レギュラー陣の中では
一番不器用なタイプかもしれん!

 

 

自分でも

そこはよくわかってるから

 

 

この一年間は

誰よりも早くスタジオに入り

台本のチェックして覚える努力をした

 

 

そして

番組終了後は

 

 

必ず反省会は出て

自分の課題に気づきながら

次の週に活かそうとしてきた

 

 

ディレクターさんや

関係者のみなさんには

いっぱいチャンス気づきを頂き

また、良くして頂き感謝しかない!

 

 

これからも

ほめる達人という専門と

7人の子ども率いる

家庭円満という専門を磨いて

最高の笑顔と元気を届けていきますわーい (嬉しい顔)指でOK

 

 

 

さて

チャンスは

人を介してやってくるんだけど

 

 

チャンスを掴める人と

チャンスをつぶす人がいるんよね

日常の家庭でいうと
無意識でチャンスを
つぶしていることって
子育てにおいてもあるんよね!

 

 

 

例えば
よく親子の会話で
子どもに宿題を教えているときに

 

 

 

初めは
よく考えたらわかるからね~わーい (嬉しい顔)

って優しく関わるんだけど

 

 

 

なかなか
理解できない子どもに

なんでわかんないの
ここをこうすれば答えでるじゃんちっ (怒った顔)むかっ (怒り)

とか

 

 

 

 

ママさん同士の会話で
〇〇ちゃん昨日どこへお出かけしたの~?

って質問すると

 

 

 

「昨日は〇〇へ行ってきましたよ!」

 

 

違う!違う!

そうじゃないんだよほっとした顔

 

 

子どもじゃなくて
が答えてしまう・・・冷や汗 (顔)

 

 

 

まだ小さいときはいいけど
小学校や中学校になっても
子どもに聞いてるのに親が答えるんよね

 

 

 

これは
よくみかけるんよね

 

 

 

子どもを自立させるには
言ってみる経験

 

 

 

やってみる経験が必要double exclamation

 

 

 

親が
先回りして
代弁してしまうと

 

 

 

子どもが考えて話す機会や
チャンスをつぶしてしまうあせあせ (飛び散る汗)

 

 

 

小さな経験
積み重ねることが大事なんよね

 

 

 

子どもの出番
親が奪わないようにしないとね考えてる顔

 

 

 

子どもは
自分の思いや意見は
しっかりと持っている

 

 

 

ただ親に
先に言われたり

 

 

 

その代弁も
子どもの意見や考えと
違ったりすることもある

 

 

 

すると
子どもは親を信用しなくなるし
なんでも依存するようになってくる

 

 

 

子どもの中にある引き出しを
たくさん会話することによって
言葉を引き出すことが自立につながる

 

 

 

なかには
言葉にするのが
遅い子もいるので

 

 

 

子どもに合わせたペースで
ゆっくりと待ってあげるといいよねほっとした顔

 

 

 

そして
子どもが言ったことに対して

 

 

 

「なるほど~」とか
「面白い考え方やね」とか
「その言い方とてもいいね」
共感してあげると

 

 

 

子どもは
伝える力や考える力が身に付き
小さな成功体験が積み重なり自信になってくる

 

 

 

ここがポイントで
親の聞く姿勢が重要で
「なるほど~」など

 

 

 

子どものことを否定しないで
受け入れてあげることが
大事だということ忘れないでねdouble exclamation

 

 

 

これを
繰り返すと
子どもは安心して
話すようになるので

 

 

 

語彙力(ごいりょく)
増えていくからねうれしい顔指でOK

 

 

 

安心安全な場づくりも親の役割ねぴかぴか (新しい)
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

ニックネーム 仕事と家庭円満プロデューサー
住所 〒779-4701
徳島県三好郡東みよし町加茂1869−11
(有)西村自動車HP https://www.nishimura-jidousha.com

コメントを残す

仕事と家庭円満プロデューサー

名前 西村 博
職業 自動車販売
住まい 徳島県

Profile

日本初7人の子どもをほめ育中
”ほめる”とは、「人」「モノ」「起こった出来事」の 価値を発見して伝えることです。
つまり、誰かの価値を発見して誰かを「ほめる」ということは、 相手を輝かせるばかりか、ほめている自分自身も輝かせるのです。

カテゴリー

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss