子育てで自立させる方法とコツを
7人の子供のパパが教える!

子どもに手をかけすぎですよ!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

ラグビーワールドカップ

決勝 イングランド12-32南アフリカ

 

 

世界ランキング3位の

南アフリカが

 

 

同1位のイングランドを破り

3大会ぶり3度目の優勝を果たしたね

 

 

正直

ここまで点数が開くとは・・・

 

 

南アフリカの

スクラムの強さやディフェンスが

整備されてイングランドに

スペースを与えんかったねあせあせ (飛び散る汗)

 

 

ラグビーを観て

一番感じたことは

どこの国もチーム内で

絆ができていて幸せな関係ができていた

 

 

 

だから

最後まで

チームメイトを信じ試合に挑めた!!

 

 

 

子育てにおいても

大事なことがあって

 

 

 

それは親子が

幸せな関係であることなんよねdouble exclamation

 

 

立派な

親でなくていいってことねるんるん (音符)

 

 

私が子育てで

意識してることは

主体性をもって生きるということ

 

 

 

子どもって小さいときは

何でも興味を示しやりたがるでしょるんるん (音符)

 

 

これが大事なんだけど

私は昔、失敗したことで

「言うこと聞かんかいむかっ (怒り)

「そこで座っておきなさい」

「みんなで仲良くしなさい」など

言っていたから

 

 

子どもたちは

主体的な行動は悪いことだと

インプットされるんよねがく〜 (落胆した顔)

 

 

だんだん

「父ちゃんの言うことを

聞く子が良い子」という価値観が

大きくなってしまい

 

 

子どもは

主体性を失っていくんよねバッド (下向き矢印)

 

 

時間はかかったけど

トレーニングして

主体的に戻していったんよね

 

 

こういった

主体性を失った子どもは

特徴があって

 

 

失敗や

何か上手くいかないことがあると

その理由を人のせいにするようになるがまん顔

 

 

そうならないためにも

子どもの主体性を

取り戻していくことが必要やね

 

 

 

子ども扱いしないこと

 

 

そして

親が手をかけないほど

子どもは自立するということを学んだ

 

 

 

例えば

兄弟ゲンカで

お兄ちゃんが弟におもちゃを貸してという

 

 

でも

弟は以前に

お兄ちゃんに「おもちゃ貸して」と言っても

貸してくれなかったから貸さなかったんよね

 

 

 

すると

おもちゃの取りあいでケンカ!

 

 

 

親は

ケンカの場面だけ見て判断して

「仲良くしなさい」とか

「ちょっとぐらい貸してあげなさい」と言う

 

 

しかし

この場面では

お兄ちゃんは「おもちゃを貸さなかったから

弟は貸してくれなかった」ことを学び

 

 

弟は

「お兄ちゃんは

おもちゃを貸してくれない時がある」ことを

学んだんよね

 

 

 

これって

大事な社会性じゃよね!

 

 

親が

介入せずに放っておけば

お兄ちゃんも弟も

お互いに、どうやりとりするか?

 

 

または交渉するか?

 

 

違う場所で遊ぶか!などと

自分で考えて行動しるんよねほっとした顔

 

 

親は

介入せずに

しっかりと子どものやりとりを

観察しないといけない

 

 

 

子どもは

こういったトラブルのなかで

自然と多くの社会性を学び

自分で解決するという

意識をもつからね!!

 

 

親は

夫婦間で「子どもを自立させる」と

目的を共有しとくべきなんよねわーい (嬉しい顔)

 

 

 

最近多いのが

トラブルが起きないことが目的になってるから

ヘリコプターペアレントが多くなってきてるww

 

 

子育ての

目的は自立ね!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

ニックネーム 仕事と家庭円満プロデューサー
住所 〒779-4701
徳島県三好郡東みよし町加茂1869−11
(有)西村自動車HP https://www.nishimura-jidousha.com
ペットの旅立ち https://pet-tabi.jp/

コメントを残す

仕事と家庭円満プロデューサー

名前 西村 博
職業 自動車販売
住まい 徳島県

Profile

日本初7人の子どもをほめ育中
”ほめる”とは、「人」「モノ」「起こった出来事」の 価値を発見して伝えることです。
つまり、誰かの価値を発見して誰かを「ほめる」ということは、 相手を輝かせるばかりか、ほめている自分自身も輝かせるのです。

カテゴリー

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss