子育てで自立させる方法とコツを
7人の子供のパパが教える!

それぞれ事情があるから親が裁いちゃいかん!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

高校野球岩手大会

決勝 花巻東 VS 大船渡

 

 

 

プロ注目の

大船渡・佐々木朗希投手

 

 

12-2で

野球花巻東が優勝野球

おめでとう!!

 

 

 

花巻東は

大差がついてからも

犠打や一塁への全力疾走など

引き締まったプレーをしていたね

 

 

大船渡は

エースの佐々木投手を

温存した

 

 

 

当然

本人は投げたかったと思うけど

決勝を迎えるまでに4日間で

323球も投げているんよね

 

 

マウンドに上がる前には

必ずブルペンで投球練習をするから

それが100球ぐらいを足すと・・・あせあせ (飛び散る汗)

700球超たらーっ (汗)

 

 

投げすぎです!

 

 

プロ注目とか関係なく

大船渡の国保監督さん

私は選手を守る素晴らしい判断だと思う!

 

 

ただ

残念でしかたないのが

大船渡の地元ファンから

「甲子園に行く気ないのか!」と

厳しい声が国保監督に浴びせられてた

 

 

 

一番近くで

3年間も佐々木投手を見てきた

監督さんが決めて本人も納得してたから

周りが監督さんをいてはいけない!!

 

 

 

でも

地元ファンの気持ちもわかる

 

 

甲子園行くための
各地方大会・・・

高校野球連盟も運営を
考えたほうがいいんじゃないのかな?

 

 

 

大会日程が連ちゃんで
とくに投手には酷すぎるもうやだ〜 (悲しい顔)

 

 

準決勝や決勝の間に
休養日を設けるような日程にしないと!

 

 

 

高校のときに酷使しすぎて

野球ができなくなった選手は

ホントいっぱいいるからね!

 

 

 

だから

周りが監督さんを裁いちゃいかん!

 

 

 

子育てにおいても

親が子どもを裁くときがあるよね

 

 

兄弟がいるところは

ケンカばかりして

おにいちゃんに我慢させるべきか?

弟をしかるべきか?

 

 

 

このままいくと

将来が不安や心配になってる親もいると思う

 

 

 

結論から言うと

親が裁いちゃ~いかんのです

 

 

 

7人もいると

昔は毎日のようにケンカ勃発むかっ (怒り)パンチ

 

 

 

兄弟ゲンカは

どこの家庭にもあるし

これは自然なことなんよねほっとした顔

 

 

 

私は昔

子どものケンカを仲裁というか

私の価値観で「お前が悪い謝りなさい!」と

私の独断と偏見で裁いていたんよね

 

 

 

そのたびに

裁かれた子どもは

ボソボソと小さな声で

「あいつだって悪い・・・」と

文句を言ってたんよね

 

 

 

私も3人兄弟で

よくケンカしていたときを

思い出したんよね

 

 

そのときに

ハッと気づいたことがあった

 

 

 

 

それは

兄弟ゲンカには

お兄ちゃんにも弟にも

それぞれに理由があるということ

 

 

 

遠慮なく

自分の気持ちをぶつけたり

ぶつけられたり

 

 

手をあげたり、あげられたり

 

 

こんなことを繰り返しながら

子どもって自己主張をしたり

相手の気持ちに気づくことが

できるようになっていくんよねほっとした顔

 

 

子どものケンカで

お互いの話を聞いて

よくわかることがある

 

 

 

それぞれに

事情があるんよね

 

 

 

ケンカをやめさせようと

介入して「あなたが悪い!」とか

「お兄ちゃんだから我慢しなさい!」とか

これはダメな対応なんよね

 

 

 

どちらにも

ちゃんとした言い分があるから

親は公平には裁けないことを知っておくといいね

 

 

 

公平にさばいたつもりでも

子どもは不満に思ってますから考えてる顔手 (パー)

 

 

 

だから

ある程度は放っておく!

 

 

 

そして

裁かないことね

 

 

 

どうしても

介入したいときは

別々に子どもの言い分を冷静に聞いて

「わかるわ~」と共感してほしいんよね

 

 

 

時間とともに

子どもも冷静になってきますから

 

 

 

冷静になってきたら

「どうしたらよかったと思う?」

質問してあげるといいよね

 

 

 

あとは

子どもたちに任せるるんるん (音符)

 

 

親は

裁いたり答えを出さない

 

 

 

こうして

ケンカの仲直りの仕方や

力の加減、相手の気持ちなどを

経験させると成長や自立につながる

 

 

 

ひょっとしたら

子どもは親の愛情

求めてるかもしれないですねほっとした顔

 

 

そんなときこそ

ギューっと抱きしめてあげると

子どもは愛されてると感じるかもしれませんね

 

 

 

 

 

子どもが自分は

親にしっかりと愛されたと感じてる子は

仲良くやっていける大人に育っていきますうれしい顔

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

ニックネーム 仕事と家庭円満プロデューサー
住所 〒779-4701
徳島県三好郡東みよし町加茂1869−11
(有)西村自動車HP https://www.nishimura-jidousha.com
ペットの旅立ち https://pet-tabi.jp/

コメントを残す

仕事と家庭円満プロデューサー

名前 西村 博
職業 自動車販売
住まい 徳島県

Profile

日本初7人の子どもをほめ育中
”ほめる”とは、「人」「モノ」「起こった出来事」の 価値を発見して伝えることです。
つまり、誰かの価値を発見して誰かを「ほめる」ということは、 相手を輝かせるばかりか、ほめている自分自身も輝かせるのです。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss