もう人間関係で悩まない!
ほめる人材育成でやる気を引き出すセブンメソッド!

子どもを子ども扱いしてはいけません!

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

ほめる達人

仕事と家庭円満プロデューサー

西村博ですわーい (嬉しい顔)

 

 

 

昨日は

同じブログの仲間で

広島県の国税OB税理士

理念実現パートナーのマサ兄こと

河角昌宏さんの「WAKU WAKUチャンネル」

出演~させて頂きました~

 

 

河角昌宏さんの

ブログ☜ここから読んでね!

 

 

 

zoomでのコラボ配信

初めての方と会えることが嬉しい~

 

 

そして

反応が多かったのが

子育ての話ねわーい (嬉しい顔)

 

 

 

子ども一緒に

分担表を作ったけど

はじめは、みんなでやっていたけど

だんだん子どもたちがやらなくなってきた・・・

結局、また私が家事全般を背負うことにもうやだ〜 (悲しい顔)バッド (下向き矢印)

 

 

結構この相談は多い

めっちゃわかるわ~

上手くいかない家庭もあると思う

 

 

上手くいかない理由として

子どもを子ども扱いしているww

 

 

こんなこと言ってませんか?

 

子どもだからね~無理よね~

子どもだから、仕方ないよね~

うちの子はね~何回言ってもダメなのよ~

 

 

だから

「子どもだから」という名の

ラベルを貼った瞬間に

そのラベルしか見えなくなる

 

 

つまり子どもの

可能性が見えないことになる

 

 

一度や二度

上手くいかなかったら

この子はダメは子どもに失礼考えてる顔

 

 

 

私たち大人も

たくさんの経験を積み重ねて

今があるんだから

 

 

子どもだって

経験させない限り

成長するはずがないんよね

 

 

 

だからこそ

ここで妥協してはいけないんよね

 

 

家族で決めたことは

責任もって最後まで

やらす覚悟を親はもたないといけない

 

 

一旦、妥協すると

子どもは「こうすればママは妥協するんやわーい (嬉しい顔)」と

逃げ方を覚えて次も新しいことをするときに

同じようなことが起こって結局、ママに負担がくる

 

 

家事=仕事

 

 

家庭のことは

家族総力戦でする!

 

 

ここでは

甘やかしはいらないdouble exclamation

 

 

 

最後まで

やりきる力を

身につけさせる

 

 

いかに

日常生活で繰り返し

家事を通して社会性や

生きる為の術のスキルを上げていくか重要

 

 

 

 

我が家では

子どもが泣こうがスネようが

決まったことは最後まで妥協しない

 

 

だから子どもたちも

疲れて寝ていても目が覚めてから

 

 

自分の

家事の分担場所は

どんだけ遅くても最後までやっている

 

 

 

こんな話もよく聞く

うちの子はできんわ~〇〇さんだからできるじゃわ~

 

 

 

ハッキリ言おう

 

 

 

そんなワケないやんdouble exclamation

 

 

 

それだから
いつまでたっても
子どもが自立しないんよね

 

 

 

そして
自分の子どもは「できる」と
可能性を信じてあげんと
誰が信じるのよ!!

 

 

 

子どもの
可能性を潰してるのは
一番身近にいる大人かもしれない

 

 

 

子育てに大切なことは
親がチャレンジをしてる姿を魅せること

 

 

 

そして
何よりも仕事や
家事に価値を見言い出し

 

 

 

楽しんでいる姿を魅せれば
子どもは楽しそうに仕事や
家事をしている大人の姿に
憧れをもち夢をもつようになるぴかぴか (新しい)

 

 

 

子育てに

上手い下手はない

 

 

大人が変われば

子どもも変わるし

 

 

大人が輝けば

子どもも輝く!!

 

 

自分の子どもの

可能性は信じてあげようよほっとした顔ぴかぴか (新しい)

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

ニックネーム 仕事と家庭円満プロデューサー
住所 〒779-4701
徳島県三好郡東みよし町加茂1869−11
(有)西村自動車HP https://www.nishimura-jidousha.com

コメントを残す

仕事と家庭円満プロデューサー

名前 西村 博
職業 自動車販売
住まい 徳島県

Profile

日本初7人の子どもをほめ育中
”ほめる”とは、「人」「モノ」「起こった出来事」の 価値を発見して伝えることです。
つまり、誰かの価値を発見して誰かを「ほめる」ということは、 相手を輝かせるばかりか、ほめている自分自身も輝かせるのです。

カテゴリー

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss