もう人間関係で悩まない!
ほめる人材育成でやる気を引き出すセブンメソッド!

社員さんの意識を変える、たった一つの方法~後編~

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

ほめる人財育成の達人

西村博ですわーい (嬉しい顔)

 

 

昨日の続きです

ココから見てね⇒昨日のブログ

 

 

一度

A社長さんは

全社員さんを集めて

話をしたのですが

 

 

「時間がない」と

言うぐらいですから

 

 

話し合いのために1日会議に割くだけで

その間に仕事がたまってしまうちっ (怒った顔)
と反対意見もありました

 

 

それもで
A社長は覚悟を決めて
とにかく一度やってみよう!
と社員さんを説得してくれた

 

 

そして
課題を発見する日がきて

 

 

社員のみなさんに
現在の課題だと思っていることを
出してもらいました
ビジネスにおける「問題」と「課題」の違いは?仕事プロセスを見直す ...

 

 

なんと
100個以上の
課題が出てきました

 

 

A社長さんも

えっこんなにも・・・

絶句されていました

 

 

大きく集約すると
約40個ぐらいになり
・納期の時間が守れていない
・コミュニケーションがとれてない
・個々において責任がない
などの

 

 

課題が
浮き彫りになりました

 

 

そのうえで
それぞれの課題を
どのように解決すればいいのか

 

 

全員に
アイディアを出してもらいました

 

 

この話し合いをする前は
めっちゃ半信半疑で
参加していた社員のみなさんも
真剣な表情になっていました
物流の現場の改善事例 現場力と作業効率をアップさせるには | 俺のクラウド

 

 

ここが大事なんですdouble exclamation

 

 

社長一人だけで
問題課題に向き合ったところで
社員さんは自立はしません

 

 

社員さんの一人ひとりが
それぞれの課題を意識して
解決策を真剣に考えるようになると

 

 

それだけで
問題の8割
解決したようなものですわーい (嬉しい顔)ぴかぴか (新しい)

 

 

この話し合いの最後に
課題とそれを解決するために
「やることリスト」を作成してもらい

 

 

いつまでに実行するのか
日時まで決めてもらいましたdouble exclamation

 

 

次の日から全社員で
各自の課題の解決に乗り出しました

 

 

例えば
「納期の時間が守れない」という
課題に対しては

 

 

・納期が一目瞭然にわかるように表をつくる
・作業を細分化して、それぞれに締め切りを決める
・1つの作業が終わったら表に印をつける
・工程会議ごとに進捗状況を確認する

 

 

これは一部ですが

 

 

それまでは
予定通りに進まなかった作業が
スムーズに進行するようになりましたるんるん (音符)

 

 

各自の納期を
見える化にして
チェック体制を作っただけで

 

 

作業量は変わらないのに
納期に間に合うどころが
作業のムダムラがなくなり

 

 

3カ月ぐらい立つと
残業もほぼなくなって
定時で終われるようになりましたほっとした顔ぴかぴか (新しい)

 

 

職場で何が起こっているのか
見える化にすることにより
みんなが期限内に終わらせるようになり

 

 

遅れそうなときは
早めにみんなに伝えるようになりました

 

 

ここで凄いと思ったのが
社員のみなさんが時間がなかったのではなく

 

 

自分たちが作り出せなかったのが
本当の課題だったと氣づいたことです

 

 

それからは
A社長が言わなくても

 

 

社員さんだけで

もっと、ここはこうしたほうがいいよねわーい (嬉しい顔)
とか課題が提案されるようになりました

 

 

課題をみんなで
話し合いながら解決していく
自走できる組織へと生まれ変わりましたわーい (嬉しい顔)指でOK

 

 

とにかく一度やってみよう!
と決断したA社長さん

 

 

こんな社長さんを
一人でも増やしたいdouble exclamation

 

 

社長というポジションは
大きな責任を負わないといけない

 

 

誰もができるポジションではない
本当に覚悟がある人が社長になっている

 

 

だから
そんな社長と一緒に会社を変革していく

 

 

私の使命は
社内の人間関係で孤独になり
一人カラ回りしている経営者を救済する

 

 

社長が変われば
今回のように
社員も変わるんですねほっとした顔ぴかぴか (新しい)

 

 

こんな会社を
一緒に作ってみませんかわーい (嬉しい顔)指でOK

 

 

講演・研修のお問い合わせ
右斜め下右斜め下右斜め下右斜め下右斜め下右斜め下右斜め下右斜め下右斜め下右斜め下右斜め下右斜め下

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

ニックネーム 仕事と家庭円満プロデューサー
住所 〒779-4701
徳島県三好郡東みよし町加茂1869−11
(有)西村自動車HP https://www.nishimura-jidousha.com

コメントを残す

仕事と家庭円満プロデューサー

名前 西村 博
職業 自動車販売
住まい 徳島県

Profile

日本初7人の子どもをほめ育中
”ほめる”とは、「人」「モノ」「起こった出来事」の 価値を発見して伝えることです。
つまり、誰かの価値を発見して誰かを「ほめる」ということは、 相手を輝かせるばかりか、ほめている自分自身も輝かせるのです。

カテゴリー

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss