もう人間関係で悩まない!
ほめる人材育成でやる気を引き出すセブンメソッド!

「ホントにそうだろうか?」疑いをもとう!

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

仕事と家庭円満プロデューサー

西村博ですわーい (嬉しい顔)

 

 

今年は

コロナで阿波踊りが中止になり

先日、そごう徳島店も37年の幕を下ろした

そごう徳島店」が閉店 徳島県唯一の百貨店、37年の歴史に幕 - 徳島経済新聞

 

 

徳島と言えば

徳島ボルティスが

J2で奮闘して3位の位置につけてるdouble exclamation

徳島ヴォルティス 福岡に0-1勝利し3位に浮上!リカルド ロドリゲス ...

 

 

 

ベテラン選手のコメントで

 

どんな場面でも

誰もが、いつでも出れるように準備はしてあるdouble exclamation

とコメントしてた

 

 

 

オフのときに

しっかり練習してきたからね~

 

 

成功するかしないかは

80%は準備で決まるdouble exclamationっていうよね

 

 

戦う準備が

できてるチームは強いな~グッド (上向き矢印)

 

 

当然

チームの戦力も関係するけど

先を見越して準備しているチームは

大きなトラブルやコロナが来ても

持ちこたえる体力があるんよね

 

 

 

しかし

このコロナ関連で

企業の倒産ラッシュになっている

9月2日で487件の倒産(帝国バンク調べ)

新型コロナウイルス関連倒産 | 株式会社 帝国データバンク[TDB]

 

 

帝国バンクに

登録してるところで487件でしょ

 

 

登録をしてない

個人事業をいれると

もっとあるってことなんよねあせあせ (飛び散る汗)

 

 

もしものために

普段から準備は大切だと思う

 

 

しかし

中小零細企業は

毎日の業務に追われて

準備する時間なんてないdouble exclamation

 

 

 

ホントにそうだろうか?

 

 

 

社長が情報を

外へ取りに行っている会社と

 

 

 

社長が4番でエース

現場で働いている会社とでは

情報の質や量や新鮮さやが違う

 

 

そして

現場というフィールドでいる限り

自社のことを客観的に見れない

 

 

一旦

社長自らが外に出て

自分の会社を客観的に見ないと

本当の問題は見えてこないんよね

 

 

よく社長さんから相談されるのが

外にでて情報を取る時間や社員さんの人材育成する時間がないもうやだ〜 (悲しい顔)バッド (下向き矢印)

 

 

 

ホントにそうだろうか?

 

 

 

時間がないということは
社長も社員さんも
ず~~っと走りっぱなしってことね

 

 

 

実は
私の会社も10年前は
忙しい~時間がない!時間がない!って

ず~~っと走りっぱなしだったんよね考えてる顔

 

 

だから
1日休むなんて
怖くてできなかったし
休むとお客さんに迷惑かかるし~

 

 

 

なんて
適当な言い訳をしてた

 

 

 

小さな問題が
どんどん社内で起こるんよね

 

 

 

でも忙しいし
時間がないから
部下を叱って終わりみたいな感じで
根本的に何が原因なのか解決できなかった

 

 

 

何が起こるかというと
その小さな問題がくずぶっていて
気づくと大火事になっていたケースってあると思うんよね

 

 

 

だから
私の会社は
過去の失敗から学んで

 

 

 

休日とは別に
会社の点検日を設けている

 

 

 

月に1回は
完全に会社を休みにして

 

 

 

先月の結果からの
分析や検証をしながら
みんなで一度立ち止まって
「このままでいいのか?」と振り返りをしている

 

 

 

このときに
業績の結果が良くても悪くても
検証はみんなでやっている

 

 

 

このときに
現場で働いている
社員さんにありがちなのが
売る立場での検証や解釈になることが大半あせあせ (飛び散る汗)

 

 

 

どういうことかというと

 

 

 

例えば
自動車屋で
粗利が先月より
20万円落ちたとしようバッド (下向き矢印)

 

 

 

先月と比べて上司が
大きな修理が少なかったから
粗利が落ちたと解釈すると
社員さん全員が「確かに!」と納得する冷や汗 (顔)

 

 

 

でも私は
ホントにその解釈でいいのか?
疑問に思う・・・

 

 

 

ひょっとしたら
大きな修理が少ないのではなく
お客様への説明の仕方に問題があるのでは?

 

 

 

コロナのせいで
受注がとれなかった!

 

 

 

ホントにそうだろうか?

 

 

 

ここで大事なのが
その人の解釈が本当なのか、どうか?

 

 

 

答えは
現場に行って
事実を確かめるしかない!

 

 

 

実際に現場にいくと
一方的に説明ばかりしてるから
お客様も
嫌な顔になっていたり
口頭の説明なので
お客様も商品のイメージがわかない
プロとしての持論がない・・・
などの事実が発覚!

 

 

 

だから
10年前の教訓を活かして

 

 

 

月に1度立ち止まり
走るのをやめて全員で走ってきた後を
チェックするようにしている

 

 

 

会社の
健康チェックをして
勉強会を積極的にして
人材育成を重ねてきたんよね

 

 

だから

今では私が居なくても

会社は社員さんだけで回せる

 

 

なぜかというと

社員さんが自立しているからdouble exclamation

 

 

社員さんが少なくても

一人ひとりが自立すると

組織も強固なものになりますからねほっとした顔

 

 

最近では

企業研修の依頼も

増えてきているから

 

 

一緒に社長が居なくても

会社が回る社員さんを育てていきましょうほっとした顔ぴかぴか (新しい)

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

ニックネーム 仕事と家庭円満プロデューサー
住所 〒779-4701
徳島県三好郡東みよし町加茂1869−11
(有)西村自動車HP https://www.nishimura-jidousha.com

コメントを残す

仕事と家庭円満プロデューサー

名前 西村 博
職業 自動車販売
住まい 徳島県

Profile

日本初7人の子どもをほめ育中
”ほめる”とは、「人」「モノ」「起こった出来事」の 価値を発見して伝えることです。
つまり、誰かの価値を発見して誰かを「ほめる」ということは、 相手を輝かせるばかりか、ほめている自分自身も輝かせるのです。

カテゴリー

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss